3年後、5年後の経営を考える 新年度は園児募集元年2

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 社会福祉法人認可保育所の経営者と話をしていると、実にわかりやすく二極化していることがわかります。新制度後の競争時代を早期に予測し、こども園化し、それと合わせた直接契約対策を今から進めている法人と、危機感など微塵も感じさせず、今のまま特に変革意識を持たず日々過ごしている法人のいずれかです。私は定期的に「新制度のための社会福祉法人向けマーケティング研修(主に園児募集)」を個別の法人で実施していますが、これら研修を受けている法人様は危機感を強く持ち、今からノウハウを習得しようと高い意識で臨んでいただいています。私としてもとてもやりがいを感じます。

 平成25年は園児募集ノウハウ習得の元年であることは前回も述べました。今年が準備1年目になるのです。幼稚園は先行して、何年も前からこれらの活動に尽力されています。また、こども園化に向けて、日々行政と情報交換しながら着々と準備をしている園がとても多いように思います。社会福祉法人認可保育所は、まず意識改革からです。これから変革していけばよいのです。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題