3年後、5年後の経営を考える 保護者満足度を高める3

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 今回は認可保育所の1つの大きな課題でもある「情報開示」についてです。

 昨今は言うまでもなく「情報化社会」なので、情報依存は益々顕著になっております。その分、情報が開示されないと、情報を受け取る側としては不信感や不安感を抱きやすくなります。特に保育園の場合は、元々園だよりや行事のお知らせなどを中心に情報開示をしてきたと思いますが、それでは今の時代満足できる情報開示にはなりません。

 また、保護者は普段の保育の様子を見る機会がほとんどありません。よって、どんな保育をしているのか、子どもはどのように過ごしているのか、安心して、楽しく過ごせているのか気になるものです。もちろん物理的にその様子を開示する方法は限られますが、できるだけ開示することが求められます。最近では防犯カメラを設置し、ホームページ上に日々の様子をアップすることで公開性を高めている園が増えて
います。あくまで一部のやり方ですが、それによって、保護者が満足することも多々あります。保護者を安心させる意味でも情報公開を意識して保護者満足度を高めましょう。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題