3年後、5年後の経営を考える 発信力を高めよう!3

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 さて、最近は社会福祉法人の理事長や園長様から「情報の発信を強化したいけれど、どうすればよいかわからない」というご相談を多く受けるようになってきました。幼保一元化の流れから幼稚園を意識し始めている方が増えていることを、強く感じますね。この発信ですが、今回は「いつ、どこで、どのように」という3点からお話します。

 「いつ」については適宜発信が必要になるのですが、「どこで、どのように」という点についてはしっかりと考えなくてはなりません。特に、支援センターや一時保育の環境をあわせ持つ法人様は、その際にしっかりと自社の魅力を発信して、関係性構築をおこなってください。これらの環境を持っていない法人様は、園庭開放や見学会、説明会、さらにはホームページなどの場を中心に、情報を発信していただくのが良いでしょう。

 とにかく保護者が集う場を設定し、その場で伝えたいことを伝える、ということを意識してみてください。改めて整理しますが、発信は「誰に、何を、いつ、どこで、どのように」伝えるかなのです。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題