3年後、5年後の経営を考える 発信力を高めよう1

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 さて、これまでの連載でお伝えしたように、ファンを創るためには「1.独自性」と「2.人財力」の2つの要素が求められます。それを在園児の保護者様だけでなく、地域の人々に対しても発信していかなければ、さらなるファンは増えません。

 そして、幼稚園ではこれを「広報活動」や「募集活動」という言い方で実践されているケースが多いのですが、保育園の場合は直接契約ではないため、これまで多くの園が実施していなかったようです。

 「相手に伝えなければ伝わらない」「伝わったことが伝えたことである」というのは原理原則ですが、それを確実に発信していく力を付けていく必要があるのです。そこで、今回からこの「発信力」を高める方法についてご紹介しようと思います。

 さて、これを考える上で、まず決めなければならないのは、「なにを、だれに、いつ、どこで、どのように発信するか」という「4W1H」の考え方です。これを設定することで、より効果的に相手に伝えることができます。次回からは、この詳細に触れていきたいと思います。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題