紙とペンに代わるアプリ iPad用「7notes」

紙とペンに代わるアプリ iPad用「7note」

 MetaMoji(メタモジ)は、iPad用デジタルノートアプリ「7notes(セブンノーツ)」を2月3日に発売しました。

 7notesは、新しい手書き入力技術「mazec(マゼック)」により、これまでにない日本語入力変換ができます。具体的には、認識した手書き文字をそのまま入力する「書き流し入力」、多画数や思い出せない漢字をひらがなで手書き入力するだけで漢字候補を表示してくれる「交ぜ書き変換入力」、画面上に表示される「ソフトキーボード」での入力の3通りがあります。

 なかでも「交ぜ書き変換入力」が特徴的。例えば、画数の多い「議事録」という言葉を入力したい場合、ひらがなで「ぎじろく」と手書き入力しても、変換候補に「議事録」が表示されます。入力した文字は装飾することもできるほか、文章を「ユニット」と呼ばれるブロック単位で管理するしくみにより、画像やウェブ情報もメモに取り込むことができます。これにより、紙とペンに近い感覚で記録しながらワープロ文書の清書ができるというわけです。

 「iPad やスマートフォンを手にしたとき、つくるべきソフトのイメージがどんどんふくらんでいった。指の感覚で手書き入力ができる便利さ。想いと直結することを書き留めるアプリを目指した」。「コンピュータと人とのあいだに存在する溝を埋める仕事の第一歩」。発売記者発表会の席で、浮川和宣代表取締役と浮川初子代表取締役専務は交互にマイクを持ちながら、7notesへの想いを熱く語りました。 

 日本語入力変換の質の高さが話題のアプリ。スタイラスペンがあれば、さらに使いやすくなります。定価1,500円。

執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題