3年後、5年後の経営を考える 「ファン」創造の時代

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 幼保一元化が叫ばれておりますが、正直なところ先は見えません。しかし、どんな流れになっても、どんな風が吹いても、安定して経営が出来る状態を創っておくことが重要です。

 船井総研では「原理原則」と「時流適応」の両方を押さえて経営をすることを大切にしています。特に「原理原則」を知らないと、時流に流される中で、右往左往してしまうのです。そして、幼稚園や保育園の業界で「原理原則」として重要なのが「ファンを創造する」という考え方です。

 「ファン」とは、「この園だから入りたい」、「この園しか通いたくない」と思ってくれる人で、自園の味方になってくれる保護者を言います。ファンが増えれば、自然と良い評判が生まれ、それが口コミとなり、自然発生的に園児が集まるようになるのです。

 ではどのようにすればファンは集まるのでしょうか?それは、「感動を提供すること」です。どうしたら保護者は感動してくれるのか?どうしたら感動を創ることが出来るのか?これを考えることが、これからの園経営には重要になるのです。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題