ひさかたチャイルドの絵本 野間児童文芸賞を受賞

 ひさかたチャイルドから2010年3月に発売され、当新聞でも紹介した児童書『きのうの夜、おとうさんが遅く帰った、そのわけは……』(市川宣子)が第48回野間児童文芸賞を受賞しました。同賞は、講談社の初代社長、野間清治氏の遺志によって設立された財団法人野間文化財団が1963年より発表する文学賞のひとつ。あさのあつこ氏、角野栄子氏、松谷みよ子氏、三木卓氏、山下明生氏らが選考委員を務め、児童文学賞の中で最も権威ある賞と言われています。市川さんは、2006年に『ケイゾウさんは4月がきらいです。』で小学館児童出版文化賞も受賞しています。 

執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!

関連商品

※ 掲載商品の価格は公開当時の価格となっております。

  • 園向けnanoty

注目の話題