太陽の生まれ変わりを祝う!

執筆者
原英洋

株式会社 ふらここ 代表取締役
スタイルディレクター

“人形文化を通じて、世界中の人々の心をほっとなごませたい!”を理念に、日本初の若手人形師のコラボレーションによる人形工房『ふらここ』を主宰。

富士山

 12月22日は、冬至。この日は1年で最も昼が短く、夜の長い日です。寒さもこの頃より本格的になりますが、この日から昼が徐々に長くなってゆくことから、“太陽がよみがえる日”として世界各地で冬至祭が祝われています。冬至の日に、ゆず湯に入ると風邪をひかないと言われています。鮮烈な香気をもつ柑橘類は、古来より邪を祓う神聖な果実とされており、そこからゆず湯に入って無病息災を祈る風習が生まれました。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題