夏祭りや運動会など園の行事に らくらく担げる段ボールみこし

 マルダイの段ボール製「みこし」の重さは約二キロ。軽くて運びやすく、小さな子どもたちでも簡単に担ぐことができます。また、切ったり、飾り付けをしたり、色を塗ったりすることが自由にできるので、園にお薦めの教材といえます。

 学校法人原田学園 みたけ台幼稚園では、作品展への出品物としてみこし作りに挑戦。先生が骨組みをしたあとに、年中児が楽しみながら装飾を施しました。みこしだけでは寂しいと、牛乳パックで担ぎ手の人形を作り、ハッピを着せて飾りました。作品展当日は、先生たちもハッピを着て来場者を迎えたり、さかな釣りを用意したりするなどして、賑やかな縁日の雰囲気を演出したそうです。

 価格は、みこし本体が12,800円。鳳凰が2,500円。担ぎ棒が3,500円。いずれも送料・税込。インターネットで購入が可能です。

執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty
  • パステルブログ

注目の話題