パソコンで絵本管理しちゃお!

016

 園が所有する絵本やDVDの管理で苦労していませんか。ご家庭で読み聞かせができるよう貸し出しをしているところもあるようですが、今回はパソコンでできる蔵書管理をご紹介します。

 なんと言っても面倒なのが入力・登録作業です。インターネットで無料配布されている管理ソフト「私本管理Plus(EKAKIN氏制作)を使えば、本の背表紙に印字されているISBN(10桁か13桁の数字)を入力するだけでタイトルや著者名などが呼び出されます。個別にグループ分けしたり、本の内容や保管場所、貸出の記録など必要に応じて記録することができます。

 ご紹介したソフトは個人でも活用できます。買ってもそのままになっている本を「積読」(つんどく)と言うそうですが、効率よく読書を楽しむために「ブクログ」というオンラインサービスがおすすめです。できることは前述のソフトと似ていますが、同じ趣味の人と感想や評価を共有することができるので、新しい本との出会いも広がります。

操作手順

「窓の杜- 私本管理Plus」

01
自動で本のタイトルから表紙画像まで取り込むことができる。
http://www.forest.impress.co.jp/library/
software/shihonkanrip/

管理画面

02
登録できる項目は多く、貸出日も記録できる。購入金額を入力すればジャンル毎に合計金額が集計がされる。自由な言葉で検索したり一覧印刷も可能。

「ブクログ」

02
仮想の本棚で見やすく整頓されている。他の人の本棚も見ることができ、本の検索に便利。http://booklog.jp/
  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題