第2話「相手を思いやり、受け入れる」

大師新生幼稚園
鈴木 瑞枝さん

25歳 6年目 主任
パワーの源は子どもたちの笑顔と元気。
(神奈川県川崎市)

 実習でお世話になったこの園に勤務して6年目。週1度の礼拝では、人々がつながり合い、助け合って生きている事などを園児たちと共に学んでいます。

 「相手を思いやり、許すことのできる子になって欲しい。」鈴木先生は、目線の高さを合わせて同じことをやってみたり、子どもの主張に耳を傾け、どうしたらいいかを一緒に考えたりして、まずは自身がそういう人間になろうと努力しています。「礼拝で講話もするので、自分なりの哲学を持ち、子どもたちに恥ずかしくない言動や振舞をしたい。」と鈴木先生。「共感」を意識すると、子どもにかける言葉も優しくなるのだとか。「受け入れれば、受け入れてもらえる時が来るんですよね。」

提供
「Kawai Clean SAT」河合薬業株式会社
http://www.kawai-sat.jp/
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題